FC2ブログ

2018-10

三島 ラーメン食べ歩き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めん処 藤堂

「三島市のラーメン屋」と聞いて、多くの方が思い浮かべるのではないでしょうか。
今回、紹介する店舗は『めん処 藤堂』です。

CIMG0556.jpg

市内でもラーメンの激戦区と名高い安久。
藤堂から数分歩けば、他の名だたるラーメン屋に行くこともできます。
では、なぜこの三島市を選んだのか。

「天空落とし」という名の湯切りで有名な「中村屋」。
藤堂の店主さんは、この中村屋で食べたラーメンに衝撃を受けたのだそうです。
と同時に、中村屋で味わったこの衝撃を、ぜひ地元の人々にも味わってもらいたい
そういった気持ちから、この中村屋で店主さんは腕を磨き上げました。

そして、馴染み深い土地であり自身の地元でもあった三島市へ出店をしたわけです。

CIMG0553.jpg IMG_0155.jpg

ところが、今でこそ老若男女の人々がラーメン屋に列を連ねるようになりましたが、藤堂オープン当時は、まだまだ「ラーメン屋=男性色の強い食べ物・店」というイメージが強くあったというもの。
また、子連れで来店できるようなラーメン屋も多くはありませんでした。

どうにかそのイメージを打開したい。
そう思った店主さんは店内をバリアフリーにして、さらにはメニュー名も一切「らーめん」という言葉を使用せずに別の名前へ置き換えました
こうして他店と差別化を図ることにより、以前はラーメン屋に入れなかったような人たちも来店しやすい環境へ整えたのだそうです。

ちなみに、壁一面の富士山の彫刻。
こちらは出店当時に店主さんが富士山に登る機会があり、その時の教訓を表したもの。
初心忘れるべからず」。
登った際の苦しみを忘れることなく、一歩一歩進んでいけば必ず頂上に着けるんだ!という思いから、この彫刻を置いたのだとか。
もちろん、せっかく三島市に店を構えたのだから、観光客や来店してくださった方々に富士山を見てもらうという理由もあります。


・・・・・・・・・・


CIMG0550_web.jpg

雫(塩) 700円

あっさりしながらも、深みのあるスープが何とも堪らない藤堂定番の一品
乗せられた小松菜は三島市産のもので、素材は可能なかぎり地元産を使用するのだそうです。
こちらは醤油ベースもあるので、食べ比べをするのも面白いかもしれません。

スープは「○○産」というものにこだわらず、市場にあるものでいかに美味しく作れるかを考え作られているのだとか。
麺が少し変わったかな?と思うことがあったなら、それはスープが微妙に変化しているからです。
麺はスープに合わせ作っているため、麺も年に一回程度変えています。
お気づきになった方はいらっしゃいましたか?


CIMG0540.jpg

焔飯(ほむらはん) 300円

チャーシューと辛味もやしの丼。
具単体では少々辛すぎるかな?と思うものの、ご飯と食べることによって丁度良いものに。
胡麻の風味とピリリとしたもやしの辛味によって、ご飯がどんどん進みます。


・・・・・・・・・・


基本的に味はさっぱりと。
一つ一つのメニューごとにターゲットを絞ってはいるものの、全体としてはターゲットを絞ることはせず、老若男女問わず通じる味付けをしています。

CIMG0546.jpg

以前のラーメン屋のイメージを脱したいという願いから、様々な工夫が施されている藤堂。
店内の雰囲気や店構え、店員の接客態度などをとっても、藤堂がみなに支持される理由が分かります。
開店当初から話題となり、行列を作っていたのも頷けますね。
味は勿論のことながら、そんな考え尽くされた店内の雰囲気に安堵し、女性一人で来店するお客様も少なくないそうです。


美味しいものを食べてもらいたい。
そう願うのは、どの店も同じです。
そこから一歩踏み出し、家族連れも女性も年配の方も、全ての方に好まれるラーメン屋へ
味だけでなく、「空間」を提供することにも力を注いだ藤堂。
未だ「ラーメン屋」に抵抗のある方は、一度訪れてみてはいかがですか?
新しい扉が開かれるかもしれません。


・・・・・・・・・・


めん処 藤堂

住所 三島市安久142 ハイツ杉沢101
電話 055-982-6688
営業時間 平日 11:00~14:30/17:30~20:30
     土日祝 11:00~15:00/17:30~20:30
     ※スープ終了次第閉店
定休日 火曜日夜・水曜日
駐車場 14台
たばこ 禁煙
座席数 24席
HP  http://td.orpro.jp/
創業  平成18年

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovemishimarmn.blog.fc2.com/tb.php/6-353b580f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

lovemishimarmn

Author:lovemishimarmn
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

 

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。